聴覚障がい者世帯においては,一般的に流通している住宅用火災警報
器は音による警報を発するものであり聴覚障がい者の方に対応した光警
報器等の流通価格も高額となっていること等から,住宅用火災警報器の
設置率は未だ低い状況です。


 このような背景から,
消防庁において,「聴覚障がい者対応型住宅用
火災警報器普及支援事業」(支援対象者に光警報器等の補助警報装置を
付属した住宅用火災警報器の
無償給付等を行う事業者(綜合警備保障株
式会社
)に対して,経費の補助を行うことにより,当該住宅用火災警報
器の設置推進を目的とした事業)を実施することとなりました。



1 支援対象者とは?
  下記の(1),(2),(3)の全てに該当する方です。
(1) 世帯主が生活保護を受給している(申請中の方も含む)。
(2) 世帯に障がい者手帳(聴覚障がいに限る)を所持している方がいる
   (申請中の方も含む)。
(3) 「聴覚障がい者対応型住宅用火災警報器」が設置されていない。


2 事業主体は?
 綜合警備保障株式会社 (ALSOK)
 (専用ホームページ  「
http://www.jyukeiki-shien.jp 」)


3 受付期間は?
 平成24年12月31日まで
 
※ 期間中であっても,申請件数が事業予算額に達した時点で終了となる
   ため,注意が必要です(支援対象者に該当する場合は,早めの申請を
   お勧めします)。



4 お問合せ
 ALSOKテレフォンサービスセンター      電話 0120−297−949
                              (年中無休・24時間受付)
 南十勝消防事務組合消防本部予消防係   電話 01558−2−4012