訪問業者による悪質な消火器販売・点検にご注意を!


「消防署(消防団)から来ました。」、「この地域は、法律で消火器の設置が必要です。」と言葉巧みに消防職員・消防団員であるかの様に身分を偽り一般住宅に消火器を販売したりする悪質な訪問販売があります。
 また、各地で最近多く発生している例では、事業所を標的にして、契約業者を装い「消火器の点検をしますのでサインをお願いします。」といって契約書にサインをさせ、設置してある消火器を強引に点検整備をし、高額な支払請求をする悪質業者がいます。もし不審な業者が訪れましたら消防本部もしくは、お近くの消防署に御連絡ください。
■ 被害を防ぐために!

一般住宅では
  1. 消防署・消防団では、消火器の販売及び点検整備はしていません。
  2. 一般住宅では、消火器の法律上の義務設置はありません。
  3. 古い消火器の廃棄処分・点検・購入は、消防用設備業者へ御相談下さい。
  4. 「支払いは、後でも結構」と言って消火器を置いていくこともありますので必ず断って下さい。
事業所では
  1. 来社、来店時に契約している消防用設備業者か必ず確認して下さい。
  2. 契約書へのサイン(署名)を要求してきますので必ず内容を確認して下さい。
  3. 悪質な業者の来訪に注意するよう社員・店員に周知して下さい。



火災を防ごう
119番のかけ方
消火器の使い方
応急処置
訪問業者による悪質な消火器販売・点検にご注意を
住宅用火災警報器
消防法令改正情報
ガソリンをポリ容器に入れてはダメ!