消防法令改正情報

  防火安全対策を推進するために


平成13年9月1日未明、新宿区歌舞伎町で発生した火災は小規模なビルにもかかわらず 44名の犠牲者を出す大惨事となり、この教訓を踏まえて消防法の改正が行われ平成14年 4月26日に公布されました。皆様に身近な部分を一部抜粋して紹介します。
■違反是正の徹底 (平成14年10月25日施行)
立入検査は予告なしに24時間行えるようになりました。 措置命令、使用禁止命令等の発令要件が明確化されました。 一定の措置命令について、消防吏員であれば行えるようになりました。 違反に対する措置命令などを発令した場合、「公示」が義務付けられました。
■避難安全の強化 (平成14年10月25日施行)
 避難上必要な施設(廊下・階段・避難口等)には障害となる物品等が放置され ないよう管理することが義務付けられました。
■罰則の強化 (平成14年10月25日施行)
措置命令等違反に対する罰則や、両罰規定(行為者のほか法人等も罰せられる)も 強化され、罰則金も最高額「罰金1億円」が科せられることになりました。
■防火管理の徹底 (平成15年10月1日施行)
一定の建物に防火管理を中心とした「防火対象物定期点検報告制度」が導入され、点検基準に適合する場合は、防火基準点検済証や防火優良認定証を貼付できます。
   
消防法令の詳しくは、下記の総務省消防庁HPまで!

http://www.fdma.go.jp/

火災を防ごう
119番のかけ方
消火器の使い方
応急処置
訪問業者による悪質な消火器販売・点検にご注意を
住宅用火災警報器
消防法令改正情報
ガソリンをポリ容器に入れてはダメ!