◆平成27年度 管内4消防団消防団員教育訓練を行いました。

 
 大樹消防庁舎において20日、南十勝4消防団(広尾町消防団、大樹消防団、更別消防団、中札内消防団)の団員教育訓練を実施しました。この訓練は4町村持ち回りで毎年実施しており、今年は消防団員を指導する立場にある幹部団員も対象に総勢約50人が参加しました。
 訓練は2部構成で、第1部は平成28年4月からスタートする十勝圏広域消防と連携するため、大林一博大樹消防署長を講師に消防団の出動体制等を研修し、活発な意見交換を図りました。
 第2部は、大樹署員指導のもと2連はしご操法の実技訓練を行い、災害現場等における安全かつ迅速な搬送及び設定等の知識・技術を習得しました。
 今後も、地域防災力の充実強化に向け消防団を中核にがんばります。
角丸四角形: 団員教育訓練の模様
第1部 講義

 
実施本部長挨拶 穀内大樹消防団長 講義講師 大林大樹消防署長


講義中の様子 意見交換の様子
第2部 2連はしご操法


訓練開始 指導員紹介


各部名称及び基本操作説明 指導員による実演
各消防団毎に訓練実施 訓練の様子
訓練の様子 講評 佐藤消防本部消防長





◆平成26年度 管内4消防団消防団員教育訓練を行いました。
 
 7月25日(金) 広尾町勤労者体育センターにおいて南十勝4消防団(広尾町消防団、大樹消防団、更別消防団、中札内消防団)の教育訓練が行われました。消防本部では、この訓練を4町村持ち回りで毎年実施しています。この日は、消防団員を指導する立場にある幹部団員にも参加していただき総勢約50人が集結、会場を受け持つ広尾消防署員が指導にあたりました。
 訓練は2部構成で、第1部の応急手当訓練では蘇生法など救命処置技術の習得訓練を行い、第2部では、さらなる規律と資質の向上のため、整列、敬礼、徒歩訓練など消防訓練礼式を行いました。
 消防団員を中核とした地域防災力の充実強化に一層がんばります!
角丸四角形: 団員教育訓練の模様
第1部 救命講習

指導者による展示

ブースごとの講習

胸骨圧迫

AED取扱い
第2部 訓練礼式

横隊の整頓

入団10年未満による停止間

入団10年以上による行進間

部長指揮による展示(10年以上)

消防団ページのトップへ